GSX750S-2



クリックで拡大画像(31KB)

 1983年3月、GSX750Sはわずか一年でマイナーチェンジされ、GSX750S-2 となった。価格は約5万円アップの\647,000。
 私は'84の春、名古屋のあるバイク屋で中古を購入した。

 初期型はGSX750Eをベースに、ほとんど外装のみの変更にとどまっていた。しかし、2型は走りのモデルを狙ったのか、当時流行のフロント16インチホイールを採用していた。あまり知られていないが、リヤホイールの径も変わっている。
 この変更については、賛否両論ある。私はデザイン上のバランスが崩れたと思う。特に750のカウル下にはスポイラーが装備されていないので、タイヤまでの距離が非常に大きくなり、間延びしている。
 じゃぁ、なぜこのマシンを購入したかというと、ちょうどそれまで乗っていたCB250RSが廃車になった事と、それなりに安かった事が理由だ。

 2型の大きな変更点は、

・前後タイヤの小径化(F:19in.→16in. R:18in.→17in.)
・上記に伴い前後サスペンション等の変更
・塗色の変更(ブライトシルバーメタリック→アイアンシルバーメタリック)
・ハンドル形状の変更(でもやっぱり、アップハンドル)
・エンジンのパワーアップ(69ps→72ps 6.2kg-m→6.3kg-m)
・ステップの材質と形状変更

 限定モデルとして、GSX750S-2C というモデルもあった。(\667,000)
 これは単に、塗装が違うだけのもの。ブライトシルバー/マーブルエクセレントブルーの2色塗装となっている。GSX1100SDのアメリカ仕様と同じ塗装である。

諸 元

全長

2210mm

全幅

830mm

全高

1190mm

軸距

1515mm

車重

222kg(乾燥)

エンジン

4ストローク並列4気筒DOHC

排気量

747c.c.

最大出力

72ps/9000rpm

最大トルク

6.3kg-m/7000rpm

タイヤ

F:100/90-16 54H R:120/90-17 64H



戻る