2007年11月の高砂

11/5 MythTVでうまく表示されない動画がある
 MythTVのプラグイン、MythVideoでうまく表示できないファイルがあることに気付いた。うまく表示できない状態は、ビデオ画面の左上1/4の部分しか表示されないというもの。最初は、
  「俺、こんな撮り方したっけ? 被写体が写って無いじゃん」
と思ったが、そんなはずは無い。そのファイルを他のメディアプレーヤーで再生するとちゃんと撮影した画面全体が表示される。
 表示に問題がある動画は以前使っていたXacti-C1で撮影したものだ。現在使っているXacti-CG6で撮影したものは問題ない。さらに、Xacti-C1で撮影したものでも、問題が無いものがある。どうも、640x480の解像度で撮影したものだけ問題が生じるようだ。
 とにかくきちんと映るようにしたい。とりあえず、VLCを利用して問題の生じる動画をH.264で再エンコードしてみた。再エンコードした動画はきちんと表示された。しかし、問題のある動画全てを再エンコードするのは手間だ。MythTVが利用しているメディアプレーヤーの設定で何とかならないか調べてみるとするか。
11/7 パネラー
パネラー 新潟の弥彦村というところに出張。朝、7時半に出発して松本に帰り着いたのが23時半。疲れた〜。
 新潟行きの目的は、朱鷺市ポータルサミットへの出席だ。なぜかパネラーとしての出席を要請され、見世物になってきた。一応、向こうから要請されたので、謝礼が出た。金弐万円也。でも、これは、会社の会計に・・・
  ※撮影はexpssさん
11/9 MythTVノイズ対策
 MythTVを導入したPCには、現在容易に入手できる最低ランク(&最低価格)のTVチューナーカードをセットしてある。さすがに最低ランクだけあって、画像が汚い。ノイズリダクションとか3次元Y/C分離とかの画質向上対策がされていないからだ。
 しかし、MythTVの設定にノイズリダクションの設定があることを発見した。(いや、発見というほどのものではないが) 有り余る?CPUパワーでソフト的にノイズリダクションを行えるのだ。
 早速設定してみた。ノイズリダクションは確かに効果があった。しかし、画面の黒い部分だけ、ノイズが出る事がある。設定値を変えてみるとそのノイズは多くなったり少なくなったりする。最適な値を探すのにはちょっと時間がかかりそうだ。
11/10 月例会
 月例会と言われている飲み会。忘年会の下見も兼ねていた(かも)。
 今回は南山(なむさん)と七輪酒家Q。南山は、高級感のある焼肉屋。いや、韓国料理屋かな。注文は壁に埋め込まれているタッチパネル端末から行うようになっていた。だから、テーブルに置いておくとけっこう邪魔なメニューが無い。これは良いが、N氏は、
「店員との接点がねー(無い)」
とぼやいていた。料理は高め。しかも、韓国料理の苦手な私には選択肢が少なく・・・
七輪酒家Qは南山から歩いてすぐ。こちらは一気に庶民的。裸電球が良く似合いそうな雰囲気。学生には良いかもしれないが、それなりの年の方にはマッチしないと感じた。
 さて、忘年会の会場はどこにしようかなぁ?
11/11 ご苦労会
 飲めない口では無いが、あまり飲みたいと思わない。晩酌もしない。しかし、二夜連続で酒を飲むことに。
 昨日は、仲間と月例会。今日は、先週行われた町内会の文化祭のご苦労会だ。ご苦労会といっても軽食がでるだけかと思っていたし、おしらせにも「軽食」と書いてあった。しかし、ビールに日本酒に立派な弁当・・・ 結構、掛かっているぞ。
 文化祭でも、町内の交流のために「懇親会」が行われている。この時も酒と料理が出た。ご苦労会は当然ながら町内の役員、組長だけだが、この「懇親会」は町内誰でも参加できる。とはいえ、やはり役員、組長以外はほとんど参加しない。だから、役員と組長の飲み会が二週連続であったようなものだ。
11/16 インターネットセキュリティ講師養成講座
講師の方 インターネットセキュリティ講師養成講座というものに出てきた。
 そんなに早く会場に着いたわけでは無いが、そこに居たのは、講師一人、受講生一人。ウィークデイのお昼だから、出足が遅いのかな?と思ったが、講師に聞いてみると今日の受講生は7人だそうだ。
 聞きついでに、チラッと名簿を見せてもらうと・・・ PC-UNIX勉強会の参加者が私を含めて4人。関係者で半数以上を占めていたのだ。しかも、ふたを開けてみるともう一人知った顔。昨年の国際コンピュータ専門学校の「Linux基礎科」の生徒だった方。Linux率の高い講座だなぁ。
 顔ぶれはともかく、午後1時から午後4時45分までお話を聞き、その後15分間でテスト。このテストに受からないと、講師として登録されないという大切なテストだ。でも、このテストで落ちる方はいないだろう。(と言いながら、自分で落ちていたら大笑い) 結果は約一週間後。
11/17 鳩よ!
鳩と戯れる 昔、「鳩よ!」という名前の雑誌があった。1冊だけ買ったことがある。
 それはさておき、子供にせがまれて四柱神社に鳩を見に行った。歩いても大人の足なら30分位だろうが、子供(4歳と7歳)を連れていくとなると1時間近くかかるだろう。しかたなく車で行った。
 四柱神社は、七五三のお参りでかなりの人出。とにかくお参りをして、50円の鳩の餌を二袋買い、子供たちは鳩と戯れていた。 子供たちは皆、動物が好きだ。犬、猫、鳩、その他いろいろ。七五三に来ていた他の子供たちも、嬉々として鳩と遊んでいた。30分程、四柱神社で遊んで帰宅。
11/18 久々にバイク
 バイクを引っ張りだした。けっこう長い間動かしていないので、とりあえずエンジンをかけてキャブ内のガソリンを入れ替えようと思ったのだ。エンジンをかけてしばらくすると、やっぱり走りたくなる。ガソリンもリザーブ近くまで使ってしまっているし、冬に向けて満タンにしておきたいという理由もある。
 「ガソリン入れてくる」
と言って出かけようとすると、優司が
「僕も行く!」
久しぶりだし、寒いし、できれば二人乗りは避けたいところだが、今シーズンはあまり乗せてないので、許可した。
 ガソリンスタンドはそこそこ混んでいた。そこは、セルフのガソリンスタンドで、土日に行くと給油後ルーレットが回る。そして、必ず1等が当たるのだ。1等は、ガソリンが3円引き。しかし、今日は昨今の石油の値上がりや他店との競争で経営も厳しいのか、3等しか当たらなかった。3等=1円引きで、147円/リットル。渋くなったなぁ・・・
 帰り道、ちょっと遠回りして、川沿いの道を速めのスピード(と言っても軽く流すくらいのスピード)で走ったら、後ろから声がした。
「おもしれー」
そうか、おもしろいか。でもスピード狂にはならんでくれよ。それに、父さんより速くなるのは許さんぞ(^^;
11/19 あれ〜?MythTVが変だ
 先日、MythTVを動かしているPCのアップデートを実行した。そのアップデート後初めてPCを起動すると、MythTVはもちろんちゃーんと動いているのだが、MythTVを終了させてデスクトップに戻ると見たことも無い画面が表示された。
 Gnomeで見慣れた上下のパネルが無い!デスクトップにはアイコンが4つほど並んでいて、更にわけのわからないボタンみたいなのがある。そして、画面解像度がなぜか1024x768になっている。 この解像度では文字が潰れて見にくい。だから、とにかく解像度を下げる必要があるのだが・・・メニューはどこ?
 画面上で右クリックすることでメニューが現れたので、解像度の変更を行う事ができた。どうやらデスクトップ環境がXfceになっているようだ。Xfceは軽いそうなのでMythTVだけ使うなら良いかもしれないが、いろいろ設定をいじる場合は、やはり使い慣れたGnomeの方が良い。で、Gnomeをデフォルトのセッションに設定しなおした。
 しかし、何故デスクトップ環境がXfceに変わったんだろう?自分でそんなことした覚えが無い。呆けたか?
11/22 タイヤ交換
 ラジオのニュースによると北信では大雪らしい。松本でもところによっては雪が降りそうだ。多少降っても街中では大丈夫だろう。しかし、職場ある場所は松本の市街地とは明らかに天気が違う。気温では2度くらい違うし、降れば雪の量も違う。車のタイヤをスタッドレスに交換するかどうか、かなり迷った
 子供たちを迎えに行って、夕飯の支度をしていると女房が帰ってきたので、夕飯は任せて、私は車のタイヤ交換を始めた。自分の車の3本目のタイヤ交換にさしかかった時点で夕飯。夕飯の後、頑張って自分のと女房の車のタイヤを全部スタッドレスに交換した。ああ、腰が痛い。
 空気圧の点検はまた今度だ。これで少々雪が降っても大丈夫・・・だと思う。が、私の車のスタッドレスはそろそろ限界だ。今シーズン中に新品を入れなくてはならないかもしれない。
11/23 そろそろスキーの準備をしないと
パンフレット−信州スノーキッズ倶楽部− 日に日に寒さも増してきて、山も白くなってゆく。子供もスキーがどうしたと言い出している。実は昨年会員となった「信州スノーキッズ倶楽部」の案内も来ていたし、レンタルスキー屋から子供用スキーのシーズンレンタルのお知らせも来ていた。
 今年も4回くらいは子供を連れてスキーに行くだろう。そうするとスキーのシーズンレンタルは元がとれる。早速、借りにいくことにした。場所は朝日プライムスキー場のレンタルスキー屋。ついでにすぐ下の蕎麦屋で新蕎麦を味わった。新蕎麦といってもあまりいつもと変わらないような・・・
 スキーのシーズンレンタルは既に客がいて、少々時間がかかったが、無事に借りられた。スキーが目の前にあると気が急くのか、優司は
「滑ってこ」
なんて言い出した。待て待て、まだ朝日プライムには雪も積もってないのだよ。
11/24 キ〜ック、キ〜ック、キックの鬼だ〜
 小春日和のいい天気だった。冬眠前に、CRM80のタンクをガソリンで満たしておこうと思った。しかし、このCRM、前回動かしたのは何時だっただろう。たぶん2ヶ月以上動かしていない。しかも、リザーブ分のガソリンもほとんど残っていない状態で、
「ガソリンスタンドまでもてば」
いや、
「頼むからもってくれ」
といった感じだ。
 とにかくエンジンを掛けないと、どうしようもない。もともとかかりの良くないエンジンだが、何度キックしても掛からない。いくらかかり難くてもここまでやればかかるという回数を大幅に越えるまで「キックの鬼」と化したが、一向にエンジンは掛かりそうもない。
 こうなると点火プラグが被っているだろう。やりたくないが、プラグを外して乾かすしかない。手も入り難い奥まった場所にあるプラグを外し、状態を確認してみると、案の定、プラグはベチャベチャ。電極の間がガソリンで短絡している。火なんか飛ぶわけがない。
 ウェスで拭いて、さらにエアでガソリンを吹き飛ばす。プラグを取付けて、再びキックの鬼と化す。しかしエンジンは掛からない。この繰り返しを何度やっただろう。最終手段の押しがけも効果なし。
 ここまで来ると疑われるのはガソリンだ。もちろんプラグが濡れているので、ガソリンは来ている。しかし、少ないガソリンで放置しておいた期間が長かったので、腐っているのではなかろうか? 実際に、プラグを外した時に嗅いだ匂いはあまり良さそうなものでは無かったし。
 キャブのフロート室にたまっているガソリンを全て排出して、さらにタンクの燃料も排出。タンクの中にはほとんどガソリンは残っていなかった。もう1台のCRMからガソリンを500ml程、持ってきてタンクに入れる。比較的新鮮なガソリンが入ったCRMは、キック数発で目覚めた。ほんとに呆気無いくらい簡単にエンジンがかかった。最初からこうすれば良かった・・・
 無事エンジンの掛かったCRMでガソリンスタンドへ。満タンにした後、ちょっと遠回りしてエンジンを回してやる。すごい煙だ。まるで煙幕のようだ。充分暖機したにもかかわらず、ものすごい煙。オイルポンプの再調整が必要そうだが、まぁ、来年の春だな、きっと。
11/25 玄関照明のタイマー化
 比較的暖かかったので、実家に出かけて玄関先で配線工事。玄関の外照明をタイマーでON/OFFするようにした。
 実は前からタイマーでON/OFFできるようにしてあったが、先日照明機器を変えた際に、手を抜いてタイマーをかませてなかったのだ。
 ついでに配線を少々変更。以前タイマーを交換したときは、配線がどうなっているかわからずに感電したり、かなり手間取ったが、今回はそれほど時間も掛からずに終了。
11/26 プリンタ修理
 先日、実家の母が使用している写真専用の小型プリンタ(EPSON E-200)の調子が悪いと聞いた。確認してみると、確かに調子が悪い。用紙を取り込まない。給紙トレイに1枚だけ用紙を置くときちんと取り込まれるが、一度に何枚もセットすると給紙しない。
 とりあえず、そのプリンタを預かって、お昼休みにエプソンの修理工場に持ち込んだ。修理工場は会社から車で10分とかからないところにあるので、こうゆう時はエプソン製品を使っていて良かったと思う。(でも自分のプリンタはキャノン製)
 何年か前にも職場のプリンタを修理に持ち込んだ事がある。でっかくて重いレーザープリンタだった。修理から上がったプリンタを車までエッチラオッチラ運んだ覚えがある。しかし、今回は
「無料で宅配もできますよ」
との事。修理品を取りに来る必要が無いのだ。サービス良いなぁ、エプソン。
11/27 事故、2件
 今朝の出勤途中の道、なぜか渋滞していた。信号もないのに全く動かなかった。しばらくすると何事もなかったように車が動き出した。工事でもやっていたか?と思ったら、事故だった。
 仕事を終えて帰宅途中、また前方の車が詰まっている。これも事故だった。
 日に2回も事故現場を見るとは珍しい。いや、そんなことに感心してないで、自分も気を付けないと。
11/30 渋滞の原因
 明日から12月。ガソリンもまた値上げされるので、帰宅時にちょっと足を伸ばしてガソリンスタンドに寄ろうと思っていた。午後7時過ぎに職場を出て途中でで金を下ろし、帰宅の路についた。7時40〜50分には帰れるはずだ。だが、なぜか奈良井側を越えたところから渋滞
「事故でもあったかなぁ・・・」
などと呟きながらも、どうしようもないのでおとなしく渋滞の中で我慢。
「渋滞にはまるとガソリンも多く消費するんだよなぁ。ガソリン高いのに。」
 奈良井川を渡って国道19号の交差点まで1.4kmほどの距離に15分掛かった。さらに、その先、国道を渡った向こうも渋滞しているのが信号待ちの間に確認できた。こりゃたまらん、とばかりに国道を渡らずに左折。もうガソリンスタンドに寄る気は失せていた。
 帰宅後、道路が混んでいる事、ガソリン値上げの事を話したら、女房はガソリンを入れに行くと言う。それなら、私が子供たちを風呂に入れている間に、私の車の給油もお願いした。しかし、私の車の給油はできなかった。風呂から上がる時点でやっと帰ってきた女房はこう言った。
大渋滞で、一往復がやっと。みんなダイエーガスでガソリン入れようとしてたから、混んで混んで。」
つまり、明日からのガソリン値上げの為、今日の内にガソリンを入れておこうと言う人が、安いガソリンスタンドに集中して渋滞になっていたのだ。しかも、それが3km近い渋滞になっていたというわけだ。

Back